2012年02月27日

【マンガ】進化は続くよどこまでも@

フェレットも歳をとると、さまざまな弊害がでてくる。

後ろ足の力が弱くなって、フローリングがすべる!(病気のせいもある)
硬いフードが食べにくい!(ただのわがままのときもある)
トイレが間に合わなかった!(最初からあきらめているときもある)

などなど、若かった頃はこんなことなかったのになぁ…
なんてことがけっこうあります。
(自分の老後を見ているよう…)


しかし、そんな中でも、あっと驚く進化をたびたび発見します!!!
そう、若い頃にはできなかったことが、歳をとったことでできるようになるのですっ


そのひとつが

『器で水が飲めるようになった』


「このことの何がすごいの?」
「むしろ今まで飲めなかったの?」

という意見の方もいらっしゃるかもしれませんが、
重要なのは、水をこぼさなくなったことなのです!
今まで、器に水を入れて置こうものなら、前足をつっこんで水をかき回し、あげくの果てには器をひっくり返す…というのがいつもの行動パターンだったのです。

「器から水を飲むほうが楽だぞ」

という学習をしたに違いありません。


これぞ、素晴らしきフェレットの進化ですっ

1_120227.gif



にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 22:40 | Comment(0) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

【マンガ】里親様へお引渡し完了しました

1_110724.gif

おかげさまで迷いフェレは里親様へお引渡し完了いたしました!

里親様はもとより、里親探しにご協力いただいた方々、あたたかいお言葉をかけてくださった方々、
本当に本当にありがとうございました!
初めての里親探しの責任の重大さに不安でいっぱいでしたが、
皆様のおかげで自分の信念を貫けました。


思い出せば、
今うちにいる老齢フェレも捨てフェレでした。
4年前、小さな箱に入れられて発見されたときは全身皮膚病でボロボロ。
その時も、

「捨てフェレットなんて…なんとめずらしい!!」

と言っていたのですが。。

(“二度あることは三度ある”)
(いや、4年に一度のオリンピックのようにやってくるかもしれない…!!)

ということで、
使わないからそろそろ捨てようと思っていた古いケージを再び洗って押入れにしまいました。


これからも全てのフェレットが幸せであるよう願っています。 にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 00:19 | Comment(4) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

【里親募集継続中:2】迷いフェレット

0719.jpg

放牧してみて驚愕したのですが、この子、すごく運動神経がいいんです!
すばやさはもちろん、ケージの外側を登ったり降りたりの身軽さがすごい!
もちろん、怯えて逃げているわけではなく、ハイテンションで楽しそうに。
若さゆえ…というのもあると思いますが、

今まで一緒に暮らしたフェレットがいかにおっとりした子だったのか、今気づきました。

そして、なんとなく体つきもメスなのに骨太。
でも、手足がちょっと短い気がしますw
それがまたかわいいんですけど。


※おかげさまで里親様へお引渡し完了しました。ありがとうございました※ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 22:05 | Comment(10) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

【里親募集継続中】迷いフェレット

ようやくうちの環境に慣れてきたようで、寝相もフェレットらしくなりましたw

08.jpg

来たばかりの頃は、少しの物音・足音でも飛び起きていたのですが、今はぐっすりです。


感心なことに、トイレが芸術的に上手!!(写真を掲載したいくらいw)
三角型のトイレパンを使ってもらっているのですが、毎日、逆富士山です。
(奥の隅にそれはそれはきれいに重ねるのです)

※現在も里親様を募集しております。よろしくお願いいたします※ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 22:29 | Comment(2) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

【里親募集】迷いフェレット

2011年7月3日(日)東京都北区にて迷いフェレットを保護しました。
警察署や保健所には届けましたが、飼い主さんからの問い合わせはないとのこと。
保護したあたりを『フェレット探しています』の貼り紙がないか散策しているのですが、ありません><

我が家で正式にお迎えしてあげれれば良いのですが、うちにいるフェレットは老齢&発作を起こす病気の子。
とても一緒に飼える体調ではありません…。
警察署にこういった場合、私のほうで里親募集をしてもよいか確認したところ、
「ぜひお願いします!」
とのご回答をいただいたので、どうかこの子を家族に迎えていただける方からのご連絡をお待ちしております。
■里親募集はこちらのサイトに掲載しています■No.2128 東京都 蘭丸
いたちあな フェレット里親・里子掲示板

01.jpg 07.jpg 06.jpg 05.jpg 04.jpg 03.jpg 02.jpg

■当方地域:東京都
■ファーム:不明。耳後ろの刺青はありません。
■カラー:スターリングシルバー
■性別:たぶん♀だと思うのですが…
■年齢:1〜2歳かな?
■体重:900グラムくらいありそうです
■ワクチン:不明
■健康状態:良好。よく食べよくウンコし、毛艶も良いです。
■性格:とても好奇心旺盛でやんちゃです。運動神経も良く俊敏。保護した初日に夫婦とも噛まれ、血祭りに。特に足のかかとが大好物です。あと、捕まえようする手も!
ただ、猛暑の中、生命の危機にさらされた後だったので、凶暴化していても仕方ないかと。
トイレはちゃんとトイレパンにしてくれています。
■お渡し:手渡しさせていただきたいです。都内であればお連れしますが、私が車の運転ができないので電車での移動になります。暑いので車でお迎えに来ていただけるとフェレットちゃんが助かります。


---------------------------------------------------------------------
《保護した経緯を少しご説明いたします》

真夏のような日差しと気温だった日曜日、
とあるお店の前を通りかかると、軒先に小さなカゴに入れられ、しょんぼりしたフェレット。

(この暑さの中、軒先の、しかも太陽の照りつける場所に!!!)

とっさにお店に入って、ご主人に、

私「あの〜…店先のカゴなんですが、中にいる子、暑さに弱いんですよ〜。」

ご主人『あ、飼い主さん??』

私「いや、違うんですけど…。」

ご主人『今日、保護したんだけどさ。休みだから保健所やってなくって。明日保健所に連れてくさ。』

私「あの〜…それなら、飼い主さん見つかるまで、うちで預かりますよ〜。」


さっそく家からキャリーケースを持ってきて、その小さなカゴから移動しようと手を入れた瞬間ガブリ。

(ま、まあ、そんなもんだよね…あはははは…)

念のため私の連絡先を伝えたお店のご主人の手にも大きな絆創膏が貼ってありました。

家に連れて帰って、以前使っていた2階建てケージに移動しようとキャリーケースに手を入れた瞬間ガブリ。

(あ…新しい環境で怖かったんだよね…あはははは…)


その後も、エサを代える際に、ケージのドアからするりと抜け出し、足のかかとをガブリ。
捕まえようとした手もガブリ。
とにかく動くものに飛びついて噛み付きたいらしい。
しかも、けっこうな強さで私も夫も穴が開いて流血状態。

しかし、それが根っからの噛み癖なのか、炎天下で生命の危機にさらされたことで興奮していたのか、
はたまた新しい環境や人間に怯えていたのか、まだ分かりません。

(とりあえず、環境に慣れて落ち着くまでは、無理に触ったりせず、ケージで過ごしてもらおう)

ということで、今はケージから私たちの足首を目で追う毎日。


噛み癖があっても根気強くフェレットちゃんに付き合ってあげれる方に引き取っていただければ嬉しいです。 にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 22:17 | Comment(4) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

【マンガ】夏用テント購入

フェレットにも、

『どっちかと言うとハンモック派』
と、
『どっちかと言うとテント派』
がいる。(うちの子には)

ハンモックは夏用、冬用と生地を変えているのですが、
テントは今まで冬用しかなく、夏になると撤去されていた。

しかし、ご老体のフェレットさん。

「よっこいしょ」

とハンモックに乗るのもめんどくさい時があります。

(こんなとき、さっと入れるテントがあれば…)

と思って探していたら、ちょうど良いのが見つかりました!

それがあまりに素敵だったので、ご紹介♪

<キャンピングセット>
1_1106172.jpg

帽子と寝袋はご愛嬌、
生地の張りや通気のための天井の網目が良い!
さらに、入り口と逆面は大きな網目になっています。
DSC02698.gif

今はこの網目の外側に氷を置いて、内部を冷やしています。

『どちらかと言うとテント派』フェレットもすぐに気に入ってくれました〜!

しかし、気に入って、テントで過ごしてくれるのは嬉しいのですが、

なぜか…
食後のお口ふきふきをテントでするようになりました…。

1_110617.gif


この製品を取り扱っているお店があまりないのですが、ここにはあります↓
<マーシャル ペッツ ジャパン>
http://mpetsjapan.com/?pid=14157430 にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 23:50 | Comment(0) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

【マンガ】腫瘍を切除した痕

背中にできた『デキモノ』が、

出血⇒かさぶた⇒治る⇒出血⇒かさぶた⇒治る…

を繰り返しているうちに、サイズアップを続け、

(高齢だから手術は体力的にかわいそう)

と思っていたのですが、さすがに取らないわけにはいけなくなったので、手術をしました。
全身麻酔だけど、手術は数時間で終わり、その日のうちに家に帰ることができ、

(こんなことなら、もっと早く腫瘍の小さいうちに手術すればよかった!)

と猛烈に後悔しました。ごめんね…。

腫瘍のサイズが大きかったため、背中の毛をつるりと円形に刈られ、縫い目が痛々しい。

その背中を見ていると、ふと『因幡の白兎』のお話を思い出し、

(ガマがあったら取って付けたい!)

衝動に駆られました。

1_110610.gif

※今ではすっかり毛も生えそろい、元気です! にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 21:23 | Comment(0) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

【マンガ】東京水道水が好きです

少し時間が経ってしまったのですが、、、
東日本大震災が起こった後、東京の水道水から放射性物質がわずかに検知されました。
私の家もそのエリア内。
「乳児には念のため与えないように」との報道を耳にして、思ったことは・・・


(体重3〜5キロの乳児がダメなら、体重1キロのフェレットもダメじゃないのか?!!!)


今、思えば、パニックだったのでしょう…

あわてて、お一人様1本限りの500mlのペットボトルのお水を買ってきたモンスター飼い主は、
さっそく水入れボトルに給水!

ほっと一安心してフェレットを観察していると、

(全く飲まない…?)

フェレットフードを食べるときは一粒食べるごとに水を飲む、水好きフェレットなのに、

(全く飲まない!!!)


まさかと思って、水道水に入れ替えてみると、ボトルに飛びついてゴクゴクゴクゴク・・・

そこでようやく、野村先生の本にフェレットに、
『フェレットにミネラルウォーターを与えてはいけない』
と書かれてあったのをようやく思い出した。
ミネラルウォーターというのは、ミネラルがたくさん含まれていておいしいと感じる水のこと。
フェレットには過剰なミネラルは膀胱にジャリジャリたまり、結石体質になってしまう。


(飲まなかったのは、フェレットの自己防衛だったのかも…)

おいしそうに東京水道水を飲むフェレットの目が、ちょっと笑った気がした。

1_110603.gif


<野村先生の本>この本は本当におすすめです。


にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 21:45 | Comment(0) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

【マンガ】舐めときゃ治る?!

子供のころ、野山を駆けずり回っていた私はよくケガもした。
転んですりむくなんてのはしょっちゅう。
そのとき親はというと、さらに野生児として育ったため、

「唾つけりゃ治る」

と真顔で私に言っていた。

今思えば、破傷風の心配とかあるよね…(--;


うちのフェレットは最近吹き出物ができた。
病院に行くと、

「取ることもできますが、良性のものなので、経過観察しましょう。」

と言われた。
高年齢ということもあり、手術がすぐ終わるとはいえ、あまり体に負担をかけたくないという理由もある。

しかし、吹き出物はどんどん大きくなる。
私も顔の吹き出物を我慢できずに潰してしまう欲望に勝てない人種なので、すっごくよく分かるのだが、

なんせずーーーーっとフェレットが舐めている。

だからカサブタも乾かない。

『舐めちゃダメーー!!』
なんて言って聞かせても、なかなか分かってくれないし…。

(これ以上悪化するなら、やはり手術で取ってもらうしかないか)

そう思って、次の休日に病院に行こうと思っていたある日、


(な・・・・・・・・治ってる!!!!!!)


そう。舐め続け、なんと自力で治したのだ!


「唾つけりゃ治る」


父の言葉がおまじないのように響いた出来事でした。

舐めときゃ治る?! にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 20:12 | Comment(0) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

【マンガ】フェレットに死にまねしてみた

私の“読み返した本ランキング”1位『トラちゃん 猫とネズミと金魚と小鳥と犬のお話 (集英社文庫)
』の中に、こんなエピソードがある。

ある日、主人公(エッセイなので作家の群ようこさんである)が飼い猫の目の前で「うぅ…」と倒れ、死にまねをする。
すると、猫ちゃんは驚き、心配してニャーニャー鳴くのだ。
起き上がって、「もう大丈夫だよー」と言うと、また嬉しそうに鳴く。

(猫は飼ったことがないけれど、かわいいもんだなあ〜)
といつも読んでは思っていた。

そんなある日。
(もしかして、フェレットだってちょっとぐらいは心配してくれるかもしれない…!)
(いや、もしかしてそれ以上に…)
期待に胸をふくらまし、遊んでいるフェレットの視界に入るときを狙って、、

いざ死にまね!!

『うぅ… … 』
ちょっと苦しみ、片ひざをつく、、
『ゴホッ…ゴホッッ…、、も…もう駄目だ…ぁ…  』
そして、、ついに、、、
バタッ………。。。

静寂。

テテ…
ん?
テテテテテ……
なんか近づいてくるぞ!
やっぱり、やっぱり心配してくれたんだ!!!

あれ?!ちょ…ま……

フェレットに死にまねしてみた

薄目を開けると、嬉々として私のメガネを奪っていくフェレットの姿が見えました…。


にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
フェレットブログランキング参加中!よろしければクリックをお願いします♪
posted by ranmalu at 22:23 | Comment(0) | フェレットマンガブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。